土鍋を使えば蒸し調理も簡単

野菜を調理する場合、いつもは大体、鉄鍋にオリーブオイルを全体的に引いてから、野菜を適当に入れ、お好みでお肉を入れたりというのを良くやっていますが、そこが平らな鉄鍋だと、調理する時、野菜は、それなりに薄くスライスしなくてはなりません。

忙しい時って、こういう一手間も減らしたくなりますよね。

そこで、どうにか出来ないかなと思った時、ふと目に入ってきた土鍋を使ってみました。普段から、小さい土鍋でスープのようなものは作る事があるのですが、これは、他の使い方も出来るのではと気付いたのです。

まあ、今更という感じは否めませんが…。笑
とりあえず、土鍋で野菜を半分蒸したような調理ができれば、ヘルシーだし、なにより、野菜を細かく切る手間が減らせます。

料理はいかに手を抜くかって大事ですよね。
これは、毎日料理を作っている人なら理解してくれハズ。笑

土鍋での調理方法もとても簡単で少量の水と塩を入れた土鍋を中火くらいで火をかけて、ブツ切りの野菜を入れていきます。タマネギもスライスするのではなく、4分の1か8分の1のサイズにカットしてどんどん入れていきます。

そのまま中火で蒸気が出てきたら弱火にして維持しますが、土鍋だと弱火にしても熱がこもってくれるので、中の具材はしっかり熱が通っています。

そんな感じで10分~15分位火にかければ、完成。
にんじんなどの根菜もしっかり火が通り、中まで柔らかくなりつつも形は保っていて、ほんのり甘みがあります。

この味は、フライパンや土鍋などで炒めても中々出せないもので、味自体は、スチーム料理とほぼ変わりません。

普段、土鍋を使って煮込み料理を作ると、水分の調整を間違えてしまい、満腹度合いも限界ギリギリ位までなってしまう事があるのですが、土鍋でスチームのように調理すれば、水分を抑えて調理できるし、野菜からも水分が出てくるので、最初に入れる水の量も空焚きにならない位ほんの少しでも大丈夫そうです。

ここは、追々調整していくとして…。

いずれにしても、ほんの少しの水と塩だけのヘルシー調理にもなるし、野菜もほぼ切ったままの状態を保っているのに、どれもしっかり熱が取っていてほんのり甘くて美味しいので、これなら、面倒な時だけじゃなく、普段からやっても全然アリだなと思いました。

何ならカレーの具材なども最初に土鍋の半蒸しで柔らかくした方が形も残っていて良いんじゃ無いかななんて思ってます。

何より、この方法のお陰で今まで疎遠だった野菜なども食べる機会も増えそうです。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.