卵は控えた方が良い?

食生活の見直しをかけた結果、毎日のように食べ続けてきた卵を食べるのをヤメていました。意識的に食べないというより、とりあえず、必要なさそうだから排除しようという考えで気付かないうちに三週間くらいは、冷蔵庫に卵が無かったと思います。

で、そんな生活をしていたのですが、これと言って疲れやすくなるとか全くなく、むしろ、以前より頭がすっきりして身体も軽い感じがします。

もちろん、他の食事内容の影響もあると思いますが、実は、卵ってそこまで必要無いのではと思えている自分がいます。ただ、動物性食品の摂取量を減らしたら、明らかに筋肉量が落ちてきたので、タンパク源として、少し食べるようにしています。

でも、やっぱり、食べると調子が優れない気がしますね。

卵と言えば、コレステロールですが、これ自体は身体にとっても必要らしく、全く摂らないのは良くないようですが、実は、コレステロールって体内でも合成されるそうです。

体内では、アセチルCoAという物質から合成されるそうですが、コレステロールは、合成は出来るけで分解する仕組みをヒトの身体は持っていないそうです。

なので、コレステロールの作りすぎを予防する為に、身体には、フィードバック制御というのが有るらしく、作りすぎないように制御されているそうです。

そう考えると、コレステロールを多く含む卵を食べることは、体内で合成される予定の分にも影響を与えてフィードバック制御が大忙しなんて事にならないものでしょうか。

どの道、コレステロールの合成は出来るけど分解できないという事を考えると、あまり無理に食べない方が良い事に変わらない気がしてきました。

卵は、「コレステロールもあるけど他の栄養価も高いから食べた方が良い」のような情報も多いですが、やっぱり、自分の身体をモニタリングして得られた実感を重要視した方が良い気がします。

とりあえず、食事に卵を加えたらまた調子が微妙な日が増えてきたので、その辺も意識して食事内容を気をつけていかないとななんて考えています。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.