食の断捨離こそファスティング

ファスティングとは何なのかと考えた時、私の中では、食の断捨離という言葉が出てきました。断捨離とは、身の回り、生活空間にある必要ないけど勿体ないなどの理由から捨てられなくなったものを処分して環境をすっきりする事ですが、これは、決してものに限った話ではありませんよね。

食べるものに関しても、例えば、お菓子類のように、実際は、無くても生きていく事が出来るのに、美味しいなどの理由から、ツイツイ食べてしまうもの。

他にも、勿体ないという理由から、残ったおかずなどを食べてしまうのもある意味、断捨離が必要な事かもしれません。確かに、モラル的には、ものを無駄にしてはいけないという事から、食べてしまうかもしれません。

でも、今の世の中、そこら中に食べ物があふれているので、勿体ないなんて言ってどこでも食べていては、それこそ肥満へ直行してしまいます。

その結果、体脂肪が増え、老廃物を溜め込み、病気になったり、腰痛などの不調を来すようになったりと、身体に良いことは何一つ有りません。そういう食に対する割り切りこそ、生きていく上で必要な断捨離だと思えます。

また、一度捨てるという事は、常に簡素的な状態でなければいけないという事ではなく、必要なものを整理しておく事であり、その管理がしっかり出来るようになれば、また、必要なものの割合を増やしていく事も出来ます。

それが度を超して収拾の付かなくなった状態がいけないのであり、整理整頓がしっかりされていれば、ものがまた少しずつ多くなっても別に問題無いような気がします。

なので、食の断捨離に関しても、自分の身体にとって必要なものとそうでないものを割り切るように出来てくれば、自然と食べるものの取捨択一も出来るようになり、その判断が出来るようになれば、また、選択肢を増やしていく事も良いような気がします。

ただし、ファスティングと関連づける以上、食べ過ぎない事は常に心がけたいものです。

まあ、そんな事を思っても、生活を豊かに尚且つ便利にしていく事で次第に身の回りにものが増えてきている気がするので、また、どこかのタイミングで食じゃなく、普通の断捨離をしないといけないかなと個人的に考え中。笑

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.