肉って結構高いですから・・・

以前、久しぶりに再会した友人と焼き肉に行こうという話になりました。その時は、まだ食生活をそれ程意識していない時だったのですが、それでも、年々肉食というのは、控えめになっていました。

その日もインドカレーなど、普段食べる機会が少ないようなものを食べたかったのですが、まあ、久しぶりだし良いかなと思っていくこととしました。

場所は、食べログでリサーチしてそれなりに評価の高そうなお店をチョイス。
実際に行ってみると、昔ながらの雰囲気で趣あるお店なのは気に入りました。

そして、色々な肉の部位を食べて会計になると二人分で8千円くらいだったでしょうか。まあ、それなりに食べた方だと思います。お腹もパンパンでこれ以上入らないレベル。

でも、その時の事を思い返しても、正直、そこまで美味くて満足という感じではなく、とにかく胃袋に押し込むような感じだった気がします。それでいて、一人4千円もかかるとなると、そこまでして肉を食べなくてはならないか微妙になりますねぇ。

実際、スーパーで肉を買う時も国産のものは、100グラムあたり数百円する事もありますが、特に牛肉は、結構お高い。中々手が出しにくい価格だったので、基本的には、国産でも安く買える鶏肉が多く、牛肉はほとんど買うことがありませんでした。

でも、今となるとそれで良かったなと一安心。
肉の中でも牛肉がホルモンを多く含んでいて、それが人に悪影響を与えているとも言われていますから。

まさに欧米食の代表的な食材でもありますから。
アメリカは、先進国の中でもダントツで生活習慣病が多いらしいですが、それも、肉食文化、いや、牛文化に基づくものかもしれません。

牛肉もそうですが、牛乳やチーズなど、高カロリーなものは多いですが、それらは、癖になる味があるので、食べたくなるものです。私もチーズはよく食べていました。笑

でも、今は、色々なものが消費税率アップなどの関係で値上がりしていますが、特に、修正品は度々ニュースになるほどですから。そう考えると、これらの肉をそれほど必要としない。

というよりも、特に欲してもいない生活になる事は、肉にかかるお金も節約できるし、同時に、これらの値上がりが多い乳製品離れにも結果的に出来るので、値上がりによる節約は、憂い事ではなく、むしろ良い事だなと思ってます。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.