体臭を防ぐためには何が良い?

体臭の原因には、様々あるようですが、大体、こういうマイナス事には、ストレスが関係しています。確かに、ストレスが増えると体臭はきつくなりやすい気がします。
というのも、高校時代。バスケ部に所属しかなりハードな練習で結構ストレスマックスだった時の汗は、ものすごく臭かったです。笑

その臭さも汗っぽい酸っぱいニオイではなく、アンモニア臭のようなニオイでした。ネットで調べてみると、疲労臭やストレス臭としてこういうニオイがしやすいようです。

こんな体臭ですが、改善方法は?と思って探すと、大体、決まって、”ストレスをためないこと、定期的に汗をかくこと、石けんでしっかり洗うこと”など、それっぽい事が書かれていますが、もっと大切な事が忘れられています。

結局は、食事内容。
肉食中心だと、やっぱり体臭はきつくなりやすいものです。肉による動物的なニオイもそうなのかもしれませんが、消化に悪いものを沢山食べれば、消化しきれなかったものがどうなるかご存じですか?

大腸で大腸菌などの細菌によって分解されます。
つまり、大腸菌のエサとなる。すると、大腸菌が増えるからニオイもキツくなるし、排便も臭くなる。結果、自分の体臭にも悪影響を及ぼす。

とっても単純な図式がそこにあります。
それを消臭効果となるような、汗をかく事だったり、皮膚で細菌が繁殖しにくいように石けんを使えば良いというだけの解決方法では、結局、そんなに解決しない気がします。

なので、極論を言えば、食事量を減らす事であり、肉食などの消化に悪いものを少なくすると、結果的に消化不良で大腸菌のエサとなる分も減るので、排便のニオイも改善し体臭も抑えられるという事ではないでしょうか。

それに、ただ単に体臭が少しきついくらいなら我慢も出来ると思いますが、消化不良だと腸内が細菌の好むアルカリ性に偏るので、そんな状態が長く続く事で大腸の病気に発展するリスクも考えられますから。

そういう意味でも、体臭がきつくなってきたなという事は、腸内環境に黄色信号が点っている可能性もあるので、ただ体臭を改善するよりも食生活を正す事の方が結局は重要になる事は言うまでもなさそうです。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.