口内炎を早く治すには早寝が大事

健康的な生活を送っていても口内炎になる事があります。食事の時に、時々唇をかんでしまうとその傷口から口内炎発症。また、この場合も一度なると、簡単に治りません。そういう意味では、ヘルペスと同じようなものかもしれません。

治るまでは、新しい皮膚が下に出来て次第に患部が盛り上がってくるのを待つしかない状態ですが、これを早く治す方法もあります。それが、早く寝る事。

遅くても12時までに寝て、十分に睡眠を取る。
これを毎日続ければ、ひどくなる事もありません。
もっと良いのは、11時位に寝れれば最高でしょうか。

でも、わかっていてもそんな生活は出来そうに無いのが現状。
という事で、毎回、口内炎になると、大体2週間くらいで治るケースが多いのですが、それでも、良くなった方です。

以前は、何もしていなくても口内炎が出来ていたので・・・。

おそらく、食生活とストレスが原因ですが、元々、皮膚がそれほど丈夫な方では無く、常に乾燥肌な方なので、そういうのも関係しているかもしれません。今は、自然に出来る事が無いので、ある程度栄養バランスは整っているように思いますが。

ファスティングに絡めた話となると、以前よりは、食べる量も減り、摂取できる栄養も限られているにもかかわらず、口内炎にならない点では、やっぱり、食べる量が重要なのではなく、その食材をどのように食べるかの方が重要な気がします。

それに加えて、内臓への負担を減らす事。
食べ物の消化や吸収にかかる負担を減らしてあげることが出来れば、自ずと、他の部分のケアはしやすくなりますから。

口内炎になるという事は、何々の栄養が不足しているから的な情報が多くありますが、それよりも大切なのは、症状が出たら栄養を取るという事ではなく、まずは、身体の負担を減らす事とその原因となる食べ方をやめる事なのかなと思います。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.