朝食も色々と取り組んでみたものの・・・

今まで、健康の事を考えて朝食にも色々と取り組んできました。
市販の野菜ジュースを続けてみたり、自作の野菜ジュースにしたり、カルシウムを補おうとチーズ中心にしたり、ナッツ類、毎日、ハムエッグなどなど。

でも、それらを続けてもなんかピーンと来ないなと思いつつも、そういうのが良いのだろうなと思っていたのですが、今思うと、微妙ですねぇ。

もっと早いうちから、ファスティングに興味があれば、こんな事にはならなかったかもしれませんが・・・。

その反面、こういう間違いだらけを長年続けてきたからこそ、ファスティングや普段からの食事制限の大切さを痛感できているのかもしれません。
ま、仕方ないと割り切るしか有りませんよね。

つい最近までだと、ご飯、目玉焼き(卵二個)、味噌汁、キャベツの千切り、トマト、納豆という感じでバランスは摂れていると思います。一般的に考えて・・・。
でも、やっぱり、食べると身体がだるくなる。

朝から、これだけの量を胃袋に詰め込むので、そうなるのも納得できる気がします。

ああ、忘れていました。
これに加えて、牛乳に青汁を溶かしたもの。笑

ここに牛乳が加わるわけです。
もう、酵素の大量放出のオンパレードな感じがしますねぇ。

でも、食生活を改めて、朝から、こんな食事をする事も無くなったら、なんだか胃袋が落ち着いている感じがします。空腹感が有っても、今までのように辛さがあるわけではなく、その状態がとてもしっくり楽で居られる気がする感じです。

ただし、何も入れない状態は、さすがに堪えるものが有るので、白湯(さゆ)は飲むようにしています。これを入れるだけで、空腹がさっと無くなるので不思議なものです。

という事で朝は前向きに手抜き。笑
出来るだけ、内臓を休める時間とするのが良いなと実感しています。

Copyright (C) 2016 食事も話題も腹7分目がちょうど良い… All Rights Reserved.